M(Mogila編集長):20代前半と今の大きな違いはありますか?

Y(ゆいしょうさん):20代前半はいろんなことに挑戦したくて、少しでも時間があればスケジュールを全部を埋めて24時間をフルで使っていました。それも仕事もプライベートも全てが外に外に向かっていて、家にいることがなかったです。20代後半になってだんだん一人で家にいる時間も大事なんだなと、特にこの2年間くらいは気付くようになりました。今までの週末家にいるのはもったいない、という考えがなくなったんですよ。1週間忙しいからこそ土日を家で過ごして本を読んだりとか、ランニングしたりとか…。今までは19時以降に誘われると、予定がない=行ける!という考えだったのが、予定はないけど明日の準備や、やりたいことがあるから家に帰って自分の時間を作るようになったのが最大の違いかなと思います。

M:自分のための時間をつくるということですよね?

Y:そうですね、ご飯を作ったりとか、本を読んだりとか、私今ランニングとゴルフとかいろいろスポーツをしたりしているんですけど、人と会っている時間ってなかなかできなかったりするので、どうしても一人にならなきゃいけない時間が必要。昔は休みの時間は寝ればいい、という感じだったんですけれど、一人で何かをする時間が必要、というのをこの2年間は重視していますね。

画像: M:自分のための時間をつくるということですよね?

M:そういうことで自分のメンタルのバランスを取る意味もあるんでしょうか?

Y:ありますね、どうしてもPRや通訳のお仕事をしていると毎日色々な始めましての方との仕事も多いので、すごく神経を使っているんですよね。でも人と会うことが好きなので気が付かなかったんですが、20代は若さで乗り切れたものが30代手前になってくると、疲れが一気に来てしまったり、お肌のケアもきちんとしないとすぐニキビができてしまって、なかなか治りにくかったり…。元気はずっと変わらないんですけど、表面的な部分とか体力的なものは、年齢は物を言うんだなと実感してます。

画像: M:そういうことで自分のメンタルのバランスを取る意味もあるんでしょうか?

M:今の恋愛観は?

Y:そうですね、昔は30歳になったら結婚しないとと思っていたんですけど、今は30歳だから結婚してないとおかしい、という捉え方はやめたいなと思う。30代でも40代でも内面が美しい人って自分を持っているし、自分のタイミングで結婚できる人が多い。一般的な考え方の圧迫感には影響されたくないです。30歳だからと言って焦って結婚してあまり好きではない人と長くいるよりは、この人とずっと一緒にいたいなと思える人と結婚したい。自分なりのゆっくりなペースで行きたいなと思っています。
子供は欲しいなと、家庭は持ちたいなとは思っています。仕事は好きなので、タイミングかなと。仕事を頑張れる時期なのに「仕事したら結婚出来なくなるんじゃないかな?」ではなく、結婚するときはするし、しないときはしない、もう運命に任せています!それよりは今自分が一番できることを頑張りたいなと。

画像: M:今の恋愛観は?

M:お仕事のことを教えてください。

Y:もともと化粧品会社に3年勤めていて、そのあとにフリーに転向して、PRと通訳を同時にしています。通訳のお仕事は、翻訳というよりコミュニケーションの通訳が多いです。

M:どんな通訳が多いですか?

Y:中国語で会議に出たりとか、あとは3~4年前にモデルさんの通訳をやっていて、それは私自身がモデル撮影をしていたこともあったので、その経験を活かした通訳をしています。法律の話や専門的な通訳の方はたくさんいるので、そうではなく、流行や、メイクのこと、ショーでの歩き方、モデルが求めているものなど、ちょっとした細かいニュアンスを伝えるような通訳をしています。例えば、もっとアイラインを伸ばして垂れ目風に、とか。自分の経験を活かしたことをしたいなと思ってその仕事を始めたんです。

M:それは確かに、ちょっと他にはない通訳ですね。

Y:そうですね、オーディションや上海ランウェイに出演する日本のモデルさんに中国へ同行したり、反対に神戸コレクションなどに出演する中国のモデルさんに付いて、一日ガイド兼通訳で同行したりします。コーディネイター兼、通訳という感じです。
あとは、中国のインフルエンサーさんとのお仕事をしています。日本のPR記事を書いてもらい、校正、翻訳し、それを日本のクライアントとインフルエンサーの間に入り最終原稿をスケジュール通りに提出するという一人で何役かのお仕事をします。逆に自分が仕事を受けることもあります。通訳だけ、というお仕事はあまりないかもしれません。通訳とコーディネーターだったり、通訳とPRだったり、自分の強みを活かした仕事をしています。

M:インフルエンサーのお仕事ってどういうお仕事?

Y:例えばアパレルだったら展示会に行って、そのブランドの商品をSNSでPRしたりします。私は、“ナチュラル”、“ビューティ”というテーマをメインにしているので、受ける仕事の多くは、旅やコスメ、ファッションが多いです。例えばファッションの中でも、今度リゾートに旅に行くから、このコーディネイトがおすすめ、など日常だけでなく、自分のライフスタイルやシチュエーションをなるべく取り入れるようにしています。

M:いつからそういうこと始めたんですか?

Y:最初は高校生3年の時にViViやCanCamの読者モデルをしていたんですよ。そのあとPINKYっていう雑誌の読者モデルグループ“ピンキーズ”で活動して、卒業後就職しながら読者モデルやブロガーとして活動していました。独立して、通訳もやりたい、モデルもしたい、色んなこと組み合わせてやってみたいと思ったんです。今の時代だからこそできることだと思って。
20代前半にワァーっと駆け足で、色々なことをやってきたことが今につながっていると思います。だからこそ30代はそれを活かして、もう少しゆっくりしたペースで行こうかなと思っています。通訳は裏方のお仕事、インフルエンサーは表のお仕事だけど求められればどっちも出来るし柔軟にやっていきたいと思っています。
今の時代、あの人何やっている人?という人が多いですよね?私だけじゃなく誰もが手広く色いろんなお仕事や活動をしているのが当たり前の時代。そうゆうことがやれる時代だからこそ、その時のニーズに合わせて色々できる出来るのがいいなと思います。

画像: M:いつからそういうこと始めたんですか?

M:最近ハマっているものは何ですか?

Y:最近はゴルフです。今年から始めたんですけど、年内スコア100を切ろうという目標を立てました!私、やるって決めたものは絶対にやるタイプなんです!本気です。
練習して、コースにも出るので、打ち合わせや撮影はなるべく17時以降にしています。
あとは、私ランニングもするんですが、来年はハワイのトライアスロンに挑戦しようと思っています!スポーツをするようになってから、さらにタフになった気がします。20代は若さでやってこれたけど、周りの30代の方はヨガや体を鍛えている人の方が生き生きしているので、そういう30代になりたいなと思っています。それに向けて自分もいろいろ取り組んでいるところです。
もともと帰宅部で全然運動しなかったんです、私。走るの苦手で短距離も遅いし。でも今は月100km走っていて、必ず達成するようにしています。昨日の夜も帰って夜12時から1時半くらいまで走ってました。走ることで満足感、逆に朝もスッキリ早く起きれます!

M:パワフルですね~!

Y:よく言われます!ナチュラル、パワフル、“元気女子”といえば「李さん」というイメージがつくように、5年後10年後でも一度あった人は忘れないような印象のある女性になりたいなと思っています。

画像: M:パワフルですね~!

M:ファッションのこだわりはありますか?

Y:昔から、シンプルが一番好きです!109でお買い物をする花柄が好きな20代を通ってきましたが、やっぱりシンプルな洋服が好きで、安くていいもの、高くていいもの、いろいろなものを着ます。

M:でもシンプルな服って、実は着こなすの難しいですよね?

Y:そう、だからこそいつもランニングをして鍛えています。私、シンプルでノーブランドを着ていてもオーラがあったり明るさを感じる人が好きです。おシャレさんもすごいなあと思うんですけど、私は逆にそこまでセンスがないので、だったらシンプルな服を着こなすためにもっと自分を磨いてTシャツとデニムでも上品で洗練された雰囲気のある人になりたいです。
洋服は自分をごまかすものではなく、自分に一つプラスするものでありたいと思っています。

李雨瀟さんがセレクトしたコーディネイトはこちら

画像1: shop.mogila.jp
shop.mogila.jp
画像2: shop.mogila.jp
shop.mogila.jp

ガーター編みVネックニットトップス/¥3,200(税抜)
ガーター編みガウチョパンツ/¥3,800(税抜)

画像3: shop.mogila.jp
shop.mogila.jp

マルチボーダーニットトップス/¥2,800(税抜)
起毛リブジャージミニトート/¥3,900(税抜)
ミラノリブノースリワンピ/¥4,900(税抜)

 

李雨瀟さんのSNSはこちら
instaglam
official blog「yui's happy diary」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.