春といえば、ヌーディカラーやパステル系がトレンドなのがお決まりですが、今季はマスタードやグリーン、フューシャピンクなどの濃い色もトレンド!中でも深海の様なブルーを意味する「アビスブルー」は注目のカラー。お肌の色を白く見せたり、華やかだけど大人で上品なアビスブルー。でも日常に取り入れるにはそのエレガントな印象がハードルを上げていますよね。そんな時におすすめなのが「デニム」。アビスブルートレンドの影響もあり、特にノンウォッシュを中心にデニムに注目が集まっています。トレンドのハイダメージ&クラッシュデニムを取り入れるには抵抗がある方も多いですが、アビスブルーのエレガントさを残した、ちょっと技ありなデニムを取り入れて、大人で上品なデニムスタイルをご紹介します。

サーキュラーミモレ丈スカート

ガーリーな印象のデニムのサーキュラースカートは、ミモレ丈になるだけで、上品な印象に。こちらはワンウォッシュ程度の綺麗なブルーで、きちんと感のあるデニムスカート。ウエストの後ろはゴム&ジッパーが付いているので、履きやすいスカート。オールシーズン着回せるのもデニムアイテムの良いところ!

画像1: サーキュラーミモレ丈デニムスカート  ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY shop.mogila.jp

サーキュラーミモレ丈デニムスカート ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY

shop.mogila.jp

清潔感のある白いシャツとのコーデで春らしい「GOOD GIRL」スタイル!

画像2: サーキュラーミモレ丈デニムスカート  ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY shop.mogila.jp

サーキュラーミモレ丈デニムスカート ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY

shop.mogila.jp

クラシックデザインのブラウスとミモレ丈で、「50's CHIC」に!

デザインの襟とサーキュラースカートがクラシックフェミニンな印象ですが、ブルーのワントーンコーデでクールで爽やかな印象に。

画像3: サーキュラーミモレ丈デニムスカート  ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY shop.mogila.jp

サーキュラーミモレ丈デニムスカート ¥6,900(税抜) col. BLUE / NAVY

shop.mogila.jp

変形バギーパンツ

今季もスタイリングに欠かせないバギーパンツは、どんなスタイルにも合わせやすいのでオススメ。こちらのウエストがオーバーラップしていて、デザインに技ありな変形デニムは、ウエストからのラインも美しく、程よい太さで、ウエストの後ろはゴムになっているので履きやすいです。フルレングスで履いても、モデルさんの様にくるぶし丈でもサマになるので初心者にも最適のバギー。どんなカラーや素材とも合うのでシーズン問わず楽しめる1着です。

画像1: 変形バギーデニム  ¥6,900(税抜)  col. SAX / BLUE / NAVY shop.mogila.jp

変形バギーデニム ¥6,900(税抜) col. SAX / BLUE / NAVY

shop.mogila.jp

ヴィンテージサテンブラウスと合わせてLADYライクで「70's ヴィンテージ」スタイル。

こちらはワンウォッシュブルー。大人でエレガントな印象のデニムスタイル。

画像: ヴィンテージサテンブラウスと合わせてLADYライクで「70's ヴィンテージ」スタイル。

glossyブラウス ¥5,900(税抜) col. MASTERD / PINK BEIGE / NAVY
変形バギーデニム ¥6,900(税抜) col. SAX / BLUE / NAVY

カジュアルでコーディネイトしやすいサックスカラー。

画像2: 変形バギーデニム  ¥6,900(税抜)  col. SAX / BLUE / NAVY shop.mogila.jp

変形バギーデニム ¥6,900(税抜) col. SAX / BLUE / NAVY

shop.mogila.jp

ボーダーカットソーにサテンガウンで、「大人マリン」スタイル

コーディネイトをボーダーを使ったブルー系で統一することで、爽やかなアビスブルースタイルに!

画像: ボーダーカットソーにサテンガウンで、「大人マリン」スタイル

変形バギーデニム ¥6,900(税抜) col. SAX / BLUE / NAVY
キャンパスフラップトートBAG ¥5,500(税抜) col. NAVY / BLACK

ノンウォッシュデニムにヴィンテージフラワー柄のレッドが映える「大人ガーリー」スタイル。

トレンドはこちらのノンウォッシュ。ノンウォッシュデニムはカジュアルすぎない印象なので、デニム初心者にも取り入れやすいカラー。どんなカラーにも映えるのでコーディネイトが楽めますよ。

画像: ノンウォッシュデニムにヴィンテージフラワー柄のレッドが映える「大人ガーリー」スタイル。

変形バギーデニム ¥6,900(税抜) col. SAX / BLUE / NAVY

デニムスキッパーシャツ

抜け感ときちんと感を兼ね備え、エフォートレスの代表アイテムとなっているスキッパー型のトップスが、今季はデニム素材で登場し、より、カジュアルとモードのMIXコーデが楽しめる様になりました!こんなシャツがあれば、とことんブルーを楽しめるデニム・オン・デニムも簡単にトライできますね!

画像1: デニムスキッパーシャツ  ¥4,900(税抜)  col. SAX / BLUE shop.mogila.jp

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE

shop.mogila.jp

肩が落ちた女性らしいライン。

画像2: デニムスキッパーシャツ  ¥4,900(税抜)  col. SAX / BLUE shop.mogila.jp

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE

shop.mogila.jp

フェミニンなライトカラーをカジュアルにコーディネイトした「フェミニン&エフォートレス」スタイル。

肩の力が抜けたリラックススタイル。ストレッチの効いたキレイ目なピンクのタックパンツ合わせで、アクティブでモード感のあるスタイルはイマドキお仕事ガールスタイル。

画像: フェミニンなライトカラーをカジュアルにコーディネイトした「フェミニン&エフォートレス」スタイル。

ミラノリブガウン ¥5,900(税抜) col. GRAY / WHITE / NAVY
デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE
ダブルクロスタックパンツ ¥5,900(税抜) col. PINK BEIGE / BEIGE / BLACK
ループタイトートバッグ ¥5,900(税抜) col. NAVY / BEIGE / BLACK

肩を少し広げて浮かせると、こなれ感が出て、さらに首回りの華奢な感じが強調されます!

画像1: デニムスキッパーシャツ  ¥4,900(税抜)  col. SAX / BLUE

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE

バックスタイルもV開きになっているので、無造作に髪の毛をアップして、うなじを見せると効果的!

画像2: デニムスキッパーシャツ  ¥4,900(税抜)  col. SAX / BLUE

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE

アビスブルーの対局になるフューシャピンクを合わせた「Cool & Hot」スタイル!

トレンド感、抜け感、カジュアルなモード感。全てがバランス良く揃ったコーディネイト。トップスをサックスに変更するだけでグッと印象が変わりますよ!

画像: アビスブルーの対局になるフューシャピンクを合わせた「Cool & Hot」スタイル!

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE
ベルト付きタイプライタースカーチョ ¥7,900(税抜) col. PINK / BEIGE / BLACK

ノンウォッシュのデニムなら、キチンと感があるのでジャケットのインナーにも合わせやすい。ノーカラージャケットにはノーカラーの、Tシャツ感覚で着れるシャツをイン!

画像3: デニムスキッパーシャツ  ¥4,900(税抜)  col. SAX / BLUE shop.mogila.jp

デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE

shop.mogila.jp

デニムでカジュアルダウンした「Easy Mode」スタイル

インナーにデニムをセットしただけの、簡単カジュアルダウンコーデ。ブラウジング&袖を少しまくって、大人なら気張らずにスーツを着こなしたい!パンプスの代わりに、白のデッキシューズを合わせてさらにカジュアルダウンするのも◯

画像: デニムでカジュアルダウンした「Easy Mode」スタイル

ダブルクロスジャケット ¥7,900(税抜) col. BEIGE / PINK BEIGE / BLACK
デニムスキッパーシャツ ¥4,900(税抜) col. SAX / BLUE
ダブルクロスタックパンツ ¥5,900(税抜) col. PINK BEIGE / BEIGE / BLACK

カジュアルなデニムとエレガントなブルーをMIXした「アビスブルー」スタイル。技ありデニムを取り入れて、いつものスタイルを簡単にチェンジしてみましょ♡

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.